口臭・体臭の予防

口臭や体臭…。これは、いつでもどこでも誰にでもあてはまる悩みですよね。
これも、さまざまな原因がありますが、酵素の力によって抑えられるものもあるということはあまり知られていない事実だと思います。

そこでこの章では、酵素がもたらす「ニオイ解消メカニズム」をご説明します。

ご説明の前に…

口臭の発生原因にはさまざまありますが、多くに共通しているのが唾液の分泌量不足によるものです。
唾液が不足すると、口の中の細菌が洗い流されず、細菌が繁殖して虫歯や歯周病、歯槽膿漏などを引き起こし、それがニオイを発生させる原因となります。

この場合はもちろん、歯医者さんに直接相談したほうが良いケースもありますので、それぞれの状態に応じてご判断いただきたいと思います。
ここでは酵素によってニオイが抑えられるメカニズムに限ってご説明いたします点をご理解ください。

ニオイの発生原因は?

口臭の場合、唾液の不足から細菌が繁殖し、口の中に様々なトラブルを引き起こし、ニオイを発生させることは先ほどもご説明しましたが、その唾液の分泌量の不足は、免疫力の低下から引き起こされることがあります。
免疫力が低下すると、細菌の繁殖に打ち克つことができないだけでなく、唾液の分泌も抑えられ、ここに悪循環が生まれてしまうのです。

また体内、特に腸内で毒素や有害物質が生まれると、血液を循環して全身に流れて行き、その物質が肺から排出されれば口臭の原因に、皮膚から排出されれば体臭の原因になることがあるのです。
ここで、酵素を補う生活を心がけると、体質改善により、免疫力の向上や腸内環境の正常化が期待され、ニオイの改善も見込めるというわけです。

酵素不足がニオイを生む

酵素が不足していると、食べたものの消化・吸収がうまくいかず、結果これがニオイのもととなり、体外に放出されます。

体内に取り込まれた食物の栄養素は、消化酵素によって、吸収できるまで細かく分解されたのち、腸管から吸収されます。この際、食物に含まれるニオイの成分も吸収されますが、健康な身体であれば、このあと肝臓によって分別され、ニオイは処理されます。

ところが、体内酵素の働きが悪くなると、まず消化不良を起こします。食物は消化が中途半端なまま、消化器官をだらだらと通過していきます。
そうして運ばれた食物は、腸内の体温によって「異常発酵」を起こします。
これが毒素や有害物質=「ニオイのもと(ガス)」を大量に発生させることになり、かろうじて消化された栄養素と一緒に腸管から取り込まれます。

腸から吸収されたニオイのガスは血管から肝臓に運ばれますが、酵素不足は肝臓の代謝機能も落としてしまうため、処理がなされないままニオイが全身に運ばれてしまいます。
それが肺に送られると口臭になり、皮膚表面では汗腺から体臭として排出されてしまうのです。

腸内改善でニオイ解消!

このようにして発生し排出されるニオイは、消化酵素がよく働くように体内環境を変えることで解消できます。
食物を消化するのには、もともと消化液に含まれる消化酵素だけでなく、消化を手助けする食物酵素も有効に働きます。体外からは取り込むことができない限られた消化酵素のムダづかいを防ぐために、体外から摂取可能な食物酵素を補ってあげることが肝心です。

そのためには、食物酵素がたくさん含まれている生野菜やフルーツを意識して食べることや、酵素サプリメントで効率よく食物酵素を取り込むことが効果的でしょう。
酵素が不足することなくしっかりと働いていれば、消化力が上がり、異常発酵によるガスは発生しにくくなり、気になるニオイもなくなることでしょう。

>> 人気ランキングをすべて見る