免疫力を向上させて疲労回復するのに効果的

病気ではないけれど何となく調子が悪い。十分休んだのに疲労感がとれない。身体がだるい。肩こりが解消されない…など、日々なにげなく不調を抱え続けているというかたは少なくないと思います。

疲れがとれないのは酵素不足?

そういったさまざまな症状は「不定愁訴」とも呼ばれますが、このようなお悩みをお持ちのかたは、慢性的な酵素不足である可能性があります。

酵素で血液を改善!

不定愁訴に悩むかたの身体を調べると、血液の状態があまり良くないケースが多いといいます。健康な血液はサラサラと流れ、全身の細胞に酸素や栄養、また身体の抵抗力にかかわる免疫物質などをスムーズに運んでくれます。その結果、身体は活発に動くことができるのです。

しかし、血液がドロドロになってしまうと、身体は活力を失ってしまいます。
疲労感やだるさだけでなく、ほかにも高血圧や血栓などの様々な症状を引き起こす危険もあるのです。

そこで酵素がよく働くようになると、新陳代謝が良くなり、血液中の毒素や老廃物の排出が促されます。体内に溜まっている疲労物質もスムーズに排出されるようになり、疲れの回復が早まります。酵素によってサラサラ血液をとりもどせば、悩みの種だった不定愁訴も改善されていきます。
毎日をイキイキと過ごせるだけでなく、血液にかかわる病気の予防にもなるのです。

そのためにも、食品やサプリメントから効果的に酵素を補うことが健康な生活の秘訣と言えるでしょう。

免疫力とは?

疲労や不定愁訴、血液の病気だけでなく、私たちにはあらゆる病気にかかるリスクがあります。
このリスクに立ち向かってくれるのが「免疫力」です。

免疫力とは、体内に入った細菌やウイルス、また体内で発生したガン細胞などの異物から身を守る力のことです。「自然治癒力」という言葉にもあるように、自分の力で病気や怪我を治そうとする働き、これが免疫力なのです。

免疫力が低下すると、細菌やウイルスが簡単に身体に侵入して、身体のあちこちがダメージを受け、様々な症状が出てしまいます。
免疫力は、これらの侵入を排除したり攻撃したりして病気に強い身体をつくる役割を持っています。
つまり、私たちが生きていく中で不可欠な存在なのです。

もともと、人間の体内にはそうした免疫機能が備わっていますが、そこでは「免疫細胞」が働いています。
この免疫細胞がつくられるうえで、酵素の存在が重要な役割を持っています。
酵素が不足すると免疫細胞も不足してしまうのです。

免疫力アップで抗ガン作用も

免疫細胞にも様々な種類があり、それらが互いに協力し合って病気や怪我と戦っています。
そのなかでも注目されている優れた免疫細胞の働きにも、酵素がかかわっています。

様々な病原体やガン細胞を攻撃する「キラーT細胞」や、同じようにガン細胞の攻撃などに強力な免疫作用をあらわす「ナチュラルキラー(NK)細胞」などをつくりだすのに酵素が重要な役割を果たしているということが、近年の医学的研究のなかで証明されています。

酵素に満ちた身体をつくることで、免疫力が向上し、ガンと戦う力まで備わってくるとは本当に驚きですね。ガンのみならず、あらゆる病気と戦ってくれる強い身体をつくるために、積極的に酵素を摂りたいものです。

>> 人気ランキングをすべて見る