正しい飲み方【酵素入門】

健康を保つために役立つ、栄養豊富な酵素サプリメントですが、不調そのものを治療するものではありません。サプリはあくまで、栄養を補助する食品です。ですから、サプリを飲むうえでも、食品との組み合わせなどのさまざまなコツをつかむことで、より良い効果が得られます。

≪サプリと一緒に積極的に摂りたい食品≫

酵素と一緒に摂ると良いものを、いくつかご紹介します。

・食物繊維
便秘しやすい方の腸は、善玉菌が増えにくい状態です。繊維質の多い食事をすることで、便のかさが増え、便秘が軽減されます。
腸の状態が良くなったところで、善玉菌を含むサプリを摂ると、スムーズに腸内環境が整います。
ごぼうなどの水に溶けない繊維と、海藻類に含まれる水溶性の繊維を、適宜組み合わせて食べましょう。

・水分
酵素が働くためには水分が必要ですし、便が固くなりがちです。常温に近い水を一日1.5リットル程度は飲むようにしましょう。
良質なミネラルウォーターが理想的ですが、浄水した水道水でも差し支えありません。

・油分
ダイエットしたいからと、油分を極端に避ける方がいますが、オリーブオイルやゴマ油など、植物性のオイルは摂るようにしましょう。腸の滑りが良くなり、排出をスムーズにします。

・野菜、フルーツ、発酵食品
野菜・フルーツ類には、酵素を助ける「補酵素」として働く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
発酵食品に含まれる善玉菌は、腸の環境を整えるためにとても役立ちます。酵素とあわせて摂ると、相乗作用が期待できます。

サプリを飲む時のコツ

酵素サプリを飲む場合、熱が加わると酵素が破壊されてしまうという性質上、お湯やお茶などではなく、水か、ぬるま湯で飲みましょう。酵素の働きを高めるには、コップ1杯、たっぷり飲むと良いそうです。

そして先ほどにもあげましたが発酵食品と一緒に摂る、というなかでも、ヨーグルトにトッピングするようにして摂るという方法があります。
ヨーグルト自体に含まれる乳酸菌が善玉菌を生み、それがより多くの酵素をつくってくれるのです。
酵素サプリの味が苦手というかたにも、その味を緩和してくれるという点で、オススメできる摂り方です。

効果的なサプリ服用のタイミング

サプリメントですから、薬のように「食後すぐ」などといった決まりはないのですが、やはり効果的なタイミングはあります。
酵素は生きていますから、しっかり体内に吸収されるためには、強い胃酸がたくさん出ている時は避けたほうが良いでしょう。

そのため飲むタイミングは、成分を吸収しやすい空腹時がベストです。
食前に摂ると、空腹感が和らぎ、食べ過ぎも防止できます。
また寝る前に摂ると、寝ている間に細胞の修復などに酵素が働きます。摂った翌朝の体調が良いという方もいらっしゃいます。

>> 人気ランキングをすべて見る